白いローズ

新着記事

唐木仏壇

仏壇の種類の1つに唐木仏壇とよばれるものがあります。これは、使っている機材によってさらに分別され、価格や色も変わってきます。基本的に桜の木を使用することが多く色も黒や紫などが主流となっています。

家具調のデザイン

家具調のものは近年人気の仏壇で、家の家具にすぐに馴染むデザインになっています。また、新所帯用のものもあり、サイズも小さいことから比較的価格も安い傾向にあります。

特別オーダーもある

仏壇の種類によって価格は様々ですが、中では特別オーダーをする人もいます。既成品にはない特別なこだわりをいかすこともできるのでその分価格は高騰しますが非常に人気です。

金仏壇の価格相場

現在話題の樹木葬は大阪の葬儀社で依頼可能。春にもなれば樹木が美しい花を付けるため、故人も喜んでくれるでしょう。

低価格で、信頼性が高いから安心して任せることができます。葬式を行なうなら施工実績が豊富なこちらがおすすめですよ。

宗教によって購入する仏壇も大きく変わってきます。特に金仏壇を購入する場合は本願寺系である場合が多くみられます。
金仏壇の場合、白木の素材を金で塗装して作られ、日本の伝統的な漆工技術を取り入れて手作業で仕上げることも多くみられるため、金箔の輝きが人気の理由です。
また金仏壇の場合、基本的に使用する金も金箔や金粉を使用します。
金を薄く叩いてできる金箔は厚みがあればあるほど価格が高く、仏壇に塗装される金箔も厚みがあればあるほど価格もあがります。
高級な仏壇には大判と呼ばれるかなり大きいサイズにカットされた金箔を用いている場合もあり、この大きさの金箔を扱える職人も少ないことから価格も一気に高騰します。
金箔よりも価格の高い仏壇に使用されることが多いのが金粉を使用したもので、特に彫刻が多く施されたものに使用されます。
金箔仕上げのものに比べて輝きが抑えられ、彫刻が生きるので品格や重圧感がアップします。
場合によっては金箔か金粉かで価格が3倍以上も違うこともあります。

仏壇には基本的に二重の扉がついていますが、内側を障子、外側が雨戸と呼ばれます。これらの扉の取り付け方によっても仏壇の価格は大きく変わります。
基本的に前開きの場合は、場所を取らない分、スペースが無い家庭や小型仏壇で多く使用される扉の形です。
また、前開きとは別に金仏壇で使用される扉の形に三方開きという扉のデザインがあります。
これは、二重の扉を前に開き、更に左右に広げることが可能になっています。大型デザインのものに多く見られる扉ですが、扉が大きい分内装に使用する金の量もかなり多くなるので必然的に価格が高くなります。

金仏壇は全国に普及しているスタンダードなデザインの他にも京都型や名古屋型など、地方によってもデザインが大きく変わっています。
昔からの伝統や宗教などが地域ごとで異なるので、デザインや素材も変わり、価格にも違いがうまれているといえます。
基本的に全国共通のスタンダードな金仏壇は小型であり、地域の特色を無くして量産しているので比較的価格も安い傾向にあります。
また、京都型と呼ばれるものは、上品さが魅力であり、金具等もあまり使用しません。シンプルなデザインであり無駄に金を使用していませんが、高級感はしっかりあることから、全国的にも高級ブランドとして人気があります。
金仏壇には産地やデザインも多様であり、使用する金の種類も様々なので、価格も多様に存在します。

都内でお墓購入を検討中の人におすすめです。跡取りがいない人は永代供養してくれる墓地を手配しておきましょう。

福岡で遺品整理をしてもらうには不用品回収をしている業者に依頼しましょう。そうすることで辛い作業も簡単になります。

故人を寝かせるところを探すなら、埼玉の霊園を紹介しているこちらのサイトを利用して自分が求めている場所を見つけましょう。

オススメリンク